Instagram

Line

Twitter

Youtube

CLOSE

Instagram

Line

Twitter

Youtube

CLOSE

学長 鈴木 建生 担当科目 キャリアデザインⅠ・Ⅱ
学長 鈴木 建生 担当科目 キャリアデザインⅠ・Ⅱ
高校生のみなさんへのメッセージ

子どもの命を守り育てるという尊い仕事を志している皆さんに心より敬意を表します。私たちはユマニテク短期大学での二年間を人格と専門的技術の両方の基盤を築く時期ととらえ、皆さんが「何のために学ぶか」という目的と「何を身につけるか」という具体的目標を明確にした学生生活を送ることができるように最大限の応援をします。

PROFILE

三重県立高校教諭として35年勤務。2014年4月から産業能率大学経営学部教授。2017年4月から本学副学長。2019年4月より現職。朝明高等学校、飯野高等学校定時制では、主に進路指導を担当し、多くの困難を抱える若者のキャリア教育を研究実践。進路指導では、コーチングスキルを活用し、キャリア形成支援を行う。また、キャリア教育の根幹をなす授業改善に取り組む。アクティブラーニング入門研修。アクティブラーニング型授業を支える対話のスキルとしてのコーチング研修などの啓もうに努める。

教授・学科長 堀 建治 担当科目 保育原理/保育内容総論/健康指導法
教授・学科長 堀 建治 担当科目 保育原理/保育内容総論/健康指導法
高校生のみなさんへのメッセージ

保育とはどのような営みであるかをさまざまな角度から学ぶことや「遊び」の楽しさや具体的な「遊び」の指導方法について学習する授業を担当しています。子どもは国の宝です。将来を担う子どもたちを育てたいと思う人は是非、本学で私たちと一緒に学びませんか。

PROFILE

愛知教育大学大学院教育学研究科修了、名古屋大学大学院教育発達科学研究科後期博士課程満期修了退学。一宮女子短期大学専任講師、鈴鹿短期大学准教授、中部学院大学短期大学部准教授等を経て、2017年4月よりユマニテク短期大学幼児保育学科教授・学科長。専門は幼児教育学・保育学を基盤として保育制度、子どもの遊びの理論的研究、保育指導法や効果的な保育教材のあり方について研究している。『はじめて学ぶ保育原理』(北大路書房)、『コンパス 保育内容総論』(建帛社)『児童家庭福祉の理論と制度』(勁草書房)など著書多数。亀山市教育委員会家庭支援教育講座講師(2013~)、多治見市保育園指定管理者評価委員会委員長(2014~)、社会福祉法人立田南福祉会第三者委員(2005~)等、幼児教育・保育関連分野の助言・講演活動等を行っている。

教授 安藤 恭子 担当科目 幼児の図画工作/保育表現技術Ⅱ(造形)
教授 安藤 恭子 担当科目 幼児の図画工作/保育表現技術Ⅱ(造形)
高校生のみなさんへのメッセージ

こどもたちはお絵かきや工作が大好きです。〇が描けたらあなたもアーティストです!!保育者として、子どもと一緒になって作る工作などを楽しみながら指導や助言のポイントを学びます。実技を通して夢あふれる時間を創りましょう♪

PROFILE

岐阜大学教育学部美術工芸学科卒業。教育学士・小学校・中学校美術・高等学校美術工芸一種免許取得。38年間小中高の美術教育に携わる。主に岐阜県教育センター及び学校指導課(5年間)にて小中高の美術担当主事、小学校校長(8年間)定年退職後、岐阜県美術館教育普及担当(3年間) 中部学院大学短期大学部教授(3年間)受賞歴・全国教育美術賞グランプリ―(絵画指導における重点の考察)絵画制作は岐阜県美術館にてグループひかし展に31年間連続出品 イラスト、物語挿絵多数、中等教育資料表紙絵2回掲載最近の主な活動、三重県及び岐阜県の美術関係の講座の講師(幼・保・小・中・高・一般)

教授 川勝 泰介 担当科目 言葉指導法/児童文化
教授 川勝 泰介 担当科目 言葉指導法/児童文化
高校生のみなさんへのメッセージ

私の専門は児童文化学・教育学ですが、ユマニテク短期大学では主に幼児の言葉とそれにかかわるものとしての絵本や紙芝居、また絵本のドラマ化(脚色して劇にして発表する)などを行っています。保育や幼児教育は、未来をになう子どもたちを育てていくための、大切でまたとてもやりがいのある仕事です。ぜひあなたの夢を実現させていきましょう。そのために私たちはお手伝いします。

PROFILE

学位 博士(教育学)。もともと児童文化に関心があったが、大学進学当時、児童文化について専門的に学べる大学は女子大ばかりだったため、やむを得ず教育学の道へ。卒論では絵本史を中心に、修論では児童文化概念の形成史を研究。専門分野は教育学・児童文化学・子ども社会学。主に児童文化の観点から子どもの生活と文化、マスコミとマスメディア、絵本などの児童文化財について研究しています。主著・単著として『児童文化学研究序説』『児童文化学ことはじめ』、共編著として『ことばと表現力を育む児童文化』のほか、共著に『生活保育の創造』、『児童文学の現代史—日本児童文学学会の四十年』、『いま、子ども社会に何がおこっているか』、『消費社会と子どもの文化』、『叢書 児童文化の歴史Ⅱ 児童文化と学校外教育の戦中戦後』、『希望をつむぎだす幼児教育―生きる力の基礎を培う子どもと大人の関わり―』などがある。学会および社会における主な活動は、日本児童文学学会会員(現在会長)、日本子ども社会学会会員(現在評議員・研究奨励賞選考委員)、絵本学会会員、子どもの文化研究所所員

教授 伊藤 康明 担当科目 幼児の生活Ⅰ・Ⅱ
教授 伊藤 康明 担当科目 幼児の生活Ⅰ・Ⅱ
高校生のみなさんへのメッセージ

子どもの「環境とのかかわり」について、自然環境を中心に学ぶ授業を担当しています。自然観察や科学あそびなど製作や紹介などで楽しみながら保育を身に着けていきます。仲間と一緒にがんばり、保育者になる夢を実現させましょう。

PROFILE

私は高等学校で長年理科教育を担当してきましたが、現在は幼児教育における「環境」領域の指導を担当しています。従前から科学技術教育の重要性は叫ばれていますが、乳幼児期からの自然体験を通して好奇心や探求心を育て、自然や社会についての興味・関心を養うことが大切です。幼児教育では教師は子どもたちのモデルにならなければならないので、自身の自然体験を豊かにして、周囲の環境に興味・関心を持つよう、心掛けて授業をしています。(社会貢献活動としては、教員免許状更新講習を10年程担当してきました。)

教授 田中 雅章 担当科目 情報処理/教育方法と技術/地域ボランティア実践
教授 田中 雅章 担当科目 情報処理/教育方法と技術/地域ボランティア実践
高校生のみなさんへのメッセージ

情報処理は、基礎の復習から始まり、社会で困らないように応用までを学習します。教育方法と技術は、幼稚園教諭になるための教授法や指導方法、教材作成を学習します。地域ボランティア実践は、講義以外に校外でボランティア活動を行います。希望の保育者になるために、同じ目的を持った仲間と一緒に学びましょう。たのもしい先輩が在籍しています。わからないことがあったら、先輩がやさしく教えてくれます。

PROFILE

学位・資格:博士(工学)、修士(経営情報学)、第1種情報処理技術者、アマチュア無線技士。大学では社会や企業の仕組みや規則を学び、大学院ではAIを活用した機械学習を研究していました。大学教員の前に一般企業でシステムエンジニアとして働いていた経験があります。現在は、教育するための方法や教授方法について、発表や研究をしています。姉妹校でデジタル教科書を導入にかかわったことで、デジタル教科書の利用やプログラミング教育にも興味があります。
●専門分野:情報教育学、教育方法と技術(教育学)
●社会における主な活動経歴:学会理事、学会全国大会 実行委員長(2007,2017)点訳ボランティアサポート、東日本災害ボランティア

教授 山野 栄子 担当科目 人間関係指導法/乳児保育/子どもの保健
教授 山野 栄子 担当科目 人間関係指導法/乳児保育/子どもの保健
高校生のみなさんへのメッセージ

乳幼児期の教育・保育は大切な命を守り、育てる使命とやりがいがあります。私の授業は、現場経験者が担当するので、子どもの発達に沿って、どのようなかかわりをしたらよいか、また、どのような遊びを準備したらよいかなど、具体的な事例を通して、一緒に考え、学び合いましょう。

PROFILE

長年、公立保育所に勤務しており、10年ほど前から保育者養成の短期大学で仕事をしています。子どもたちや保護者、保育者仲間との出会いの中で、様々な経験を積んできたことを、次世代の人に伝える思いで日々学生と向かい合っています。また、現場の幼稚園・保育所の先生の研修会や、三重県下(桑名、川越、朝日町木曽岬、亀山、松坂、伊勢、度会郡・大台町)NPOファミリー・サポート・センター養成会員の研修会、
亀山市家庭教育出前講座、三重県社会福祉協議会の研修会などの講師等も行い、地域にも貢献しています。今、特に「保育者の質の向上に関すること」をテーマに研究に勤しんでいます。

准教授 桂山 たかみ 担当科目 幼児の音楽/リズム遊び/保育表現技術(音楽)
准教授 桂山 たかみ 担当科目 幼児の音楽/リズム遊び/保育表現技術(音楽)
高校生のみなさんへのメッセージ

ピアノや打楽器実技や幼児歌曲の弾き歌いなど、保育者に必要な音楽を中心に学びます。習得には自学自習が何よりも重要です。「習うより慣れろ」の精神で、毎日コツコツ取り組みましょう。あなたのチャレンジを待っています!

PROFILE

音楽大学打楽専修卒業。在学中より10年間、毎年インドネシアの民族楽器研究の為、バリ島へ短期滞在するなど、専門である打楽器以外のガムラン・ジェゴクなどの楽器奏法も研究。また、インドネシアとの親善演奏会や韓国で開催された打楽器フェスティバルに参加するなど、現在も演奏活動を積極的に行っています。幼児の音楽やリズム遊び、保育表現技術の授業では、リトミック指導者の資格を生かし、取り入れて音を楽しむ授業をしています。

准教授 平松 喜代江 担当科目 社会的養護内容/福祉施設実習指導
准教授 平松 喜代江 担当科目 社会的養護内容/福祉施設実習指導
高校生のみなさんへのメッセージ

保育の現場では、「子どもの気持ちに寄り添う保育」が求められています。そこで、子どもの気持ちに寄り添うために、子どもの世界に一緒に飛び込んでみませんか。子どもの発達過程を理解すると子どものとる行動の理由が見えてきます。子どもの遊びと発達の不思議を体験してみませんか。

PROFILE

日本福祉大学社会福祉学研究科博士前期課程修了。中京学院大学短期大学部保育科准教授、中部学院大学短期大学部幼児教育学科准教授を経て、2019年4月よりユマニテク短期大学幼児保育学科准教授に就任。専門は社会的養護。研究テーマは「児童養護施設在籍者の高等教育の進路の保障」として文部科学省科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)挑戦的萌芽研究(JP16K13452)を2016年4月から 2019年3月まで採択。児童養護施設在籍者の進路の希望と実際の進路を比較し、進路希望と現実との乖離に関する研究を、大学進学をした児童養護施設退所者へヒアリング調査を実施し事例研究を行っています。

准教授 松本 亜香里 担当科目 表現指導法/学外実習全般/ゼミナール
准教授 松本 亜香里 担当科目 表現指導法/学外実習全般/ゼミナール
高校生のみなさんへのメッセージ

こどもの表現は、多様でおもしろいです。そんなこどもの姿を想像しながら実践的授業を展開しています。「こどもが好き!」という人、こどもの専門家への入り口を体験しませんか。楽しい中にも保育の魅力、奥の深さを感じるはずです!

PROFILE

音楽大学研究科修了後、保育者養成の道へ進み、保育と子ども理解のため一時保育園に転職しました。その後、再び保育者養成の世界へ戻りました。保育と子どもの多様性や奥の深さを、自身の勉強とともに、実践的な方法で学生へ分かりやすく伝えられるように研究しています。こどもにとって遊びは生活であり、遊びの中で様々な経験をして育っていきます。保育者は、専門的知識と蓄積された経験をもとに、時にしかけを加えたり、省いたりします。私の専門は、そのようなこどものあそびや保育教材を研究することです。

講師 田村 禎章 担当科目 社会福祉/レクリエーション論
講師 田村 禎章 担当科目 社会福祉/レクリエーション論
高校生のみなさんへのメッセージ

社会福祉、レクリエーション論について担当をしています。保育者として福祉的視点、レクリエーションを通しての遊びの視点など授業を通して伝えていきたいと思います。短期大学の2年間は、皆さんにとってとても成長となると思います。「一度決めたらやりきる!」という決意をもって頑張っていきましょう!

PROFILE

中部学院大学大学院人間福祉学研究科修士課程修了(社会福祉学修士)。社会福祉士。福祉レクリエーションワーカー。平成18年3月より専門学校ユマニテク医療福祉大学校 介護福祉学科 専任教員を経て、ユマニテク短期大学 幼児保育学科の講師に就任。玉城町・川越町社会福祉協議会の地域福祉推進アドバイザー、岐阜県レクリエーション協会専務理事、日本レクリエーション協会課程認定校東海北陸ブロック幹事などを勤めています。専門分野は、福祉教育論、地域福祉論、ボランティア学習論。「まちづくりは人づくり、人づくりは教育づくり、福祉づくり」をモットーに、モチベーションを高める教育技法を通して、地域の福祉改革を目指す。

教授 伊藤 喬治彦 担当科目 教育原理/教育と社会/ゼミナール
教授 伊藤 喬治彦 担当科目 教育原理/教育と社会/ゼミナール
高校生のみなさんへのメッセージ

教育(保育含む)にはどのような思想や哲学があって、どのような実践を行っていくか、正解のないテーマについて扱っています。まだよくわかっていないこと、明らかになっていないことを一緒に考える場所である大学で、小さなことでも一緒に新しい発見ができればと思います。

PROFILE

北欧(フィンランド、ノルウェー、スウェーデン)の保育について調べています。福祉制度の点からではなく、「どうして幼稚園が作られたのか」という歴史的な部分と、写真やポートフォリオ、室内デザインやおもちゃの配置など現在の保育の実践の部分、そして保育の専門性について調べています。愛知県内の児童発達支援事業所に関わっている経験から、発達障がい児を含むすべての子どもを包括的に対象とするユニバーサルデザインがなされた保育(教育)の設計、大学等における授業実践にも関心があります。大学ではもともと英語を学んでいましたが、途中で教育の意味そのものに興味を持ってしまい、紆余曲折を経て現在に至ります。過去に数年間、愛知県内の高校で非常勤講師として英語を教えていたことがあり、後期中等教育段階の学校には思い入れがあります。